FC2ブログ

Shimano or SIDI どちらのシューズを選びますか?

この度、数あるビンディングシューズメーカーの中でも当店の人気を二分するShimanoとSIDIの新作フラッグシップモデルが出そろいましたので見比べていきたいと思います!
rc9shot箱


左側ブルーのシューズがシマノのRC9、右側ブラックのものがSIDIのショットとなります
rc9shot上


まずは、アッパー部分のご紹介から
どちらもダイヤルを回すことによって締め付け量を調整するワイヤータイプとなります
rc9shotダイヤル


シマノでは初めてのワイヤータイプの採用とあって多くのシューズメーカーが採用するboa社の機構をそのまま取り入れております
また、従来シューズの中央に存在したタン部分を廃止し、両側から大きな2面で巻き込むサラウンドラップという構造でピッタリと足を包み込んでくれます
rc9shotタン


更に、つま先側のワイヤーのかけ方を変更することによって締め付け強さの調整も可能となっております
rc9ワイヤー1rc9ワイヤー2


一方のSIDIはこれまでのワイヤーモデルにも使われていたSIDI独自の機構の進化版となり、前作では側面に独立した二つのダイヤルであったものが中央に一体型の2ダイヤルへと変更されました
これにより中央に向かって左右均等な締め付けを可能にするほか、シューズを脱ぐ作業が一回の動作で完了することや幾分のエアロ効果に加え落車時のシューズの損傷も軽減されます
rc9shot外側


次にアウトソール部分のご紹介
シマノ、SIDI共に各社の最も剛性のあるカーボンソールとなっておりライダーのパワーをダイレクトにペダルへと伝えてくれます
rc9shotアウトソール


特筆すべきは、シマノRC9のインソールを外すと直接アウトソールの裏面となっている部分!
アウトソールとインソール間のパーツを排除することによって、より薄くより軽量でダイレクト感のある仕上がりとなっています
rc9shotヒール中


続いてはインソール
シマノはデフォルトでのカスタムフィットインソールは廃止となり、土踏まずのアーチ高さに合わせて入れ替えるパット2種は継続して付属します
SIDIのインソールはペラっとしてます
rc9shotインソール


続いてはヒール部分
SIDIは他のメーカーにはない強みであるかかと上部の締め付けを調整できるHeel Retention Deviceを従来通り搭載
対するシマノのヒールカップもかかとを安定させ捻じれを抑制する形となっております
rc9shotヒール後

加えて、これまでのシマノシューズではヒールパットの交換ができませんでしたが今回のRC9は交換可能となっております
SIDIはこれまで通り交換可能です
rc9shotヒールパッド


最後に付属品
SIDIにはシューズケース、シマノはサコッシュとシューズと同色のソックスがついてきます!
rc9付属品


少し長くなりましたが
シマノRC9 or SIDIショットどちらを選びますか??
rc9shot勢揃い


住之江本店、梅田店、福岡店


プロフィール

uemuracycleumeda

Author:uemuracycleumeda

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR